エンジンオイルが持つ4つの役割

車のエンジンオイルには大きく分けると次の4つの役割があります。1つ目は潤滑作用です。エンジン内部では様々な部品が高速でピストン運動や回転運動を行っていますが、それらの金属部品同士の間に入って摩耗を防ぐ役割を果たします。2つ目は密閉作用です。ピストンリングとシリンダーの間を密閉し、圧縮ガスが吹き抜けたり、爆発するのを予防する働きを担っています。これによってガソリンから得られたエネルギーのロスを防ぎます。3つ目は冷却作用です。ガソリンとエンジンが混ざり合って爆発を繰り返しているエンジンの内部は常に高温状態にあるため、その発生した熱をエンジンオイルが吸収してエンジンの損傷を防ぐ冷却作用を発揮します。4つ目は錆びを防ぐ作用です。エンジン内部で発生するすすやスラッジなどを洗い流したり、金属部品の表面に膜を作ることによって、錆びの原因となる水分が直接金属部品の表面に付着しないようにする働きをしています。うちでは市川市で評判のお店でエンジンコーティングもしてもらっています。

PR|お家の見直ししま専科|初値予想|生命保険の選び方|アフィリエイト相互リンク|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|英語上達の秘訣|貯蓄|工務店向け集客ノウハウ|女性向けエステ.com|家計見直しクラブ|童話|GetMoney|女性の人生|